Click here for menu

レイアウトを考える

コールセンターの女性とパソコン

オフィスの移転に伴い、事務所レイアウトを作る事が有ります。 現在のオフィスの中で利用しているオフィス家具やOA機器などが新しいオフィス内できちんと収まり、しかも業務の支障をきたさないレイアウトづくりを行う必要が有ります。 新しいオフィスが現在のオフィスよりも広い場合などでは、事務所レイアウトも容易に行えますが、新しい設備を新しいオフィスに導入する時には限られたスペースの中で業務に支障をきたすことなく、現在のオフィスで利用しているオフィス家具やOA機器を何処に配置するのかを決めて、新しく導入する設備をどこに置くのかなどを考えてレイアウトを作り出していく事が求められるのです。 そのため、事務所レイアウトを作る時には工夫が必要になるのです。

事務所レイアウトを行う時は、新しいオフィスの間取りと寸法を確認した上で縮小した図面を作ります。 ここに、机などのオフィス家具類を同じ縮尺にしたパーツを作り上げて事務所レイアウトを考えて行きます。 オフィスの間取りは適切な大きさに縮小して、その縮小率と同じ机、棚などを図面の中に配置をしていき、事務所レイアウトを作りだしていくのです。 この時注意をしなければならない事は、現在のオフィスで利用している全ての家具類やOA機器を縮小したパーツを全て用意しておくことです。 もし、パーツを作り忘れてしまうと、オフィスの中に収まりきれない家具や机が出てしますので注意が必要です。 また、新しく導入する設備が有る場合も、オフィスのフロアを縮小した時の縮小率と同じものを用意しておいてレイアウトを考えて行く必要が有ります。